Print Shortlink

医療福祉における人材確保の問題

昨今においては、どんな仕事をするにしても、専門のスキルを要することが多くなっており、資格勉強がブームともなっています。価値観が多様化する中においては、さまざまな業種業態においての共通事項ということができますが、特に、医療や介護の現場においては、専門のスキルを持つ人の必要性が増してきているといえます。

具体的には、医師や看護師、薬剤師、介護士などがあげられます。どの職業についても、専門性が高く、国家資格を所持することによって、働き口は大きく広がります。これらの職業については、日本が直面する高齢化社会の影響を直に受けているという特殊な要因もあります。もはや、増え続けていた人口も減少に転じており、生産労働人口の減少という事態を併発しているという現実があります。そんな中で、医師や看護師、薬剤師、介護士などへの期待感が大きくなっているのも当然のことといえるでしょう。

しかしながら、医療・介護業界はこれだけのニーズがありながら、若者の考え方の変化などによって、厳しい環境の職場や職業を回避したいとする空気が大部分を占めています。この状況から打破するには、労働環境を改善する・収入を割増するなどして、業界自体にポジティブなイメージが生まれるような対策を取るべきです。このような状況の中で、各医療機関や各介護施設などにおいては、人材確保や人材育成の手を緩めるわけにはいかない現状があり、連日のように東奔西走しているのです。

Leave a Reply