Print Shortlink

スキルアップで将来設計

看護師として働いていく上でのスキルアップの考え方には二通りのものがあります。

一つはあがりにくい年収を上げるためのものであり、専門看護師となったり認定を受けたりすることによってより高待遇で働けるようになることを目的とするものです。こういった方法は客観的に他の人材よりも優れているということを示すことができるため、将来的に昇進につながることも多く、将来的に管理職を目指すのに適した道となります。

もう一つは現場でより活躍できるようになるためのスキルアップであり、直接は仕事に必要がなくとも資格を取得したりトレーニングを受けたりすることによってより現場で人のためになることをしていけるようになることを目的とするものです。資格の場合には関連するものは多く、薬学検定試験と受けたり、健康運動指導士となったり、医療メディエーターとなったりといった様々な選択肢があります。臨床心理士や理学療法士となるのも現場で役立ち、あるいはコミュニケーションについてのセミナーに通うといった勉強もよりよいサービスを提供するには重要なことです。こういった方法では昇給や昇進にはつながりにくいものの、患者からより好まれる現場の看護師になっていくことができます。

こういったスキルアップでよくあるのは現場で働きたいのに管理職になる方法を選んでしまったり、その逆を行ってしまったりするものです。将来的にどういった形で働きたいかに応じてどんな資格を身につけるかを熟慮しましょう。オススメLink>>>http://nurse-skillcollection.net/

Leave a Reply